「フットサル戦術クリエイター」横澤直樹監修 ”パドロン”【特徴①】アタッキングゾーン内の攻撃編


前回のおさらいはこちらから

「フットサル戦術クリエイター」横澤直樹監修 ”パドロン”【フィニッシュ陣形】トリアングロY

目次

特徴

特徴①~⑤を紹介していきますが、パドロンを効果的に使用するうえでは、必ず理解しておかなければならないことであり、他のローテーションと比べて、特に目立つ部分となります。

独自のパドロンを創るためには、特徴を明確にする必要があります。

独創性があれば、自分も楽しめ、それが伝達されたときには、多くの人と、独自のパドロンの楽しさを共有できます。

独自のパドロンをつくるときに、自分が理想とするフィニッシュから逆算し、特徴がある理論を含めて過程を構成すると、フィニッシュに至るまでの過程も楽しめますので、ぜひとも自分の世界観をつくりあげていただきたいです。

アタッキングゾーン内の攻撃①

アタッキングゾーン内の攻撃は、相手に脅威を与えます。

ブラジル代表の試合を観たことがある方には、わかると思いますが、相手陣でのポゼッションが多いですよね。

その時の守備側の心理状態を説明すると、対面する1対1においては、シュートコースをつくられた時点で、失点に直結する可能性が高いので、一瞬たりとも気を抜けない状態です。

仮に、その状況を、一試合通して、継続されたら、どうなるのでしょう?

脅威ですよね。

ですので、アタッキングゾーン内のポゼッションは有効なのです。

アタッキングゾーン内の攻撃②

では反対に、自陣でのポゼッションは、いけないことなのでしょうか?

前線にスペースをつくり、そのスペースを有効に使用した攻撃を目的とするならば、多少は、理解できますが、それでもリスクは背負います。

なぜなら、前線にスペースをつくるためには、攻撃ラインを下げ、自陣のゴールへ近づいた状況でプレーをしなければならないため、仮にボールを奪われた瞬間に、ゴールへ直結した攻撃を受けてしまうからです。

だから、できるだけ早く、攻撃ラインをあげて、アタッキングゾーンへ移動することがリスクを回避するうえでも、有効なのです。

アタッキングゾーン内の攻撃③

仮に、アタッキングゾーン内の攻撃を失敗した時は、どうなるのでしょう?

例えば、ボールを奪われて、カウンター攻撃を受けたとします。

自陣ゴールまでの距離は、最低23mあります。

23mあるならば、対策は可能だと思います。

それに、アタッキングゾーン内のにて、攻撃を受けている時の守備選手の状態は、シュートコースをつくられないよう、必死になった状態であり、カウンター攻撃を考えられる状態ではありません。

そして、守備に徹している選手の体勢は、ほとんどが、後ろ重心です。

ですので、例えボールを奪ったとしても、カウンター速度が遅くなるのです。

特徴①(まとめ)

上記で紹介した特徴①「アタッキングゾーン内の攻撃」は、攻守の原則(ゴールを奪う/ゴールを守る)を、最短ルートで実行できます。

パドロン【特徴①】から、期待される効果は以下です。

相手に継続した脅威を与える

決定機の増加

ゴールの確率が上がる

攻撃失敗後のリスクマネジメント

失点の確率も下がる

一見、カウンター攻撃を受けそうな、無謀に思えるアタッキングゾーン内の攻撃は、実際の試合においては、心理的にも、理論的にも、実際は有効なのです。

次回は、【特徴②】ワンツー攻撃で構成について説明していきます。

Bom sucesso(成功しますように)

フットサルに関するお悩みごと
相談窓口

あなたのフットサル戦術のお悩み事を一緒に解決します!

フットサル戦術クリエイターとして、私が現在取り組んでいる【フットサル戦術アウラ】は、依頼者のフットサル戦術(チームにて共有しているパターン)のお悩みごとに寄り添い、バージョンアップを目的として、一緒に解決するサポート「スポットコンサルティングサービス」を提供しています。YouTubeチャンネルにサンプル映像が公開されています。初回限定、お試し価格にてご利用できますので、こちらもご覧ください!

https://www.youtube.com/user/futsaljin/featured

ウルスポをフォローしよう

この記事をシェア

この記事を書いた人

横澤直樹のアバター 横澤直樹 Fリーグ デウソン神戸監督 フットサル戦術クリエイター

【フットサル戦術クリエイター】
依頼者のフットサル戦術(チームにて共有しているパターン)のお悩みごとに寄り添い、バージョンアップを目的として、一緒に解決するサポート『スポットコンサルティングサービス』を提供しています。F2 デウソン神戸の監督に就任。

コメント

コメントする

top
目次
閉じる