【パーク運営!?】8月限定!週末にスケートパークをやってみよう!

ハイボルテージ・スケートボーディングの「ゆーた」です。

この夏、私達ハイボルは、

スケートパークを運営しています!!!

「え!?スケートパークって、あのスケートボードを滑る所?」

そうです。

そのスケートパークを、8月の毎週日曜日限定で運営しています。

そしてこのスケートパークを運営するという話。

ビジネス的観点もあり、非常に面白いのです。
※ゆーた個人の感想です。笑

という訳で今回の記事では、
・スケートパークを運営するようになった経緯
・今後の戦略
・どのようなスケートパークなのか

を書いていこうと思います!

目次

スケートパークを運営するようになった経緯

今回、スケートパークを運営する経緯はどんな事かというと・・・・

ズバリ!『大人の付き合い』です!笑

一体どういうことなのかと言うと、いつもお世話になっている企業さんから、

「ハイボルさん、スポンサーとして支援してよ~」

と言われ、

「(これは、断るという選択肢はないぞ・・・笑)」

と(若干の圧力を感じ笑)、支援することが決まりました。笑
(といっても月額で、飲み代2回程度です。笑)

しかし、もちろんしっかりとした見返りが沢山あり、そのうちの一つが

・企業がお休みの日曜日ならば、イベントで利用しても良い

という事だったのです。

「ちなみに、毎週使っても良いんですか?」

と聞いたところ、

「もちろんOKだよ!」

とお返事を頂けました!

とても性格が良い私達は、

「意地でも毎週使ってやろう!」

という気持ちになりました。笑

毎週使うとなると出来る事はなんだ・・・?

そこで決まったのが、

『夏休み限定!駐車場スペースで週末スケボーパークをやろう!』

こんな流れで、『大人の付き合い』が『週末スケートパーク運営』になった訳です。笑

※『大人の付き合い』とか言ってますが、ギャグです。笑
イベント利用をOKしてくださり、企業様には非常に感謝の気持ちを持っております。
本当に、ありがとうございます!!

今後の戦略『スケートパーク運営』

この週末スケートパークは、私達の『今後の戦略』と非常にマッチします。

私達は今後、

『実際にスケートパークを作って運営していく』

こんなビジョンも一つ持っています。

しかし、スケートパークを運営するとなると、

・場所代がかかる(借りるのでも、買うのでも)

・平日の集客がしにくい時は、どうするか・・・? etc.

このような問題が、沢山あります。

しかし、今回の

『大人の付き合い』から仕方なく発生してしまった経費

によって、

今後のビジョンであるスケートパークを、”プレ”で運営出来る!

こんな『今後の戦略』とマッチするような状態になれた訳です。

もう一つの戦略『公式LINE活用』

スケートパークの”プレ”運営の他に、もう一つの戦略があります。

それは、『公式LINEの活用』です。

私達は、「WEB×スケートボード」を一つの活動のテーマとして持っています。

現在、公式LINEでオンラインスケートスクールを配信していますが、もっと多くの機能を搭載させようと考えています。

そのうちの一つが、

・イベントの予約と決済

です。

これらの新しい事には、PDCAをハイスピードで回し続けなければいけません。

しかし、イベントの予約と決済に関しては、イベントを打たないとPDCAが回せません。

そのタイミングで、この週末スケートパークという”自前”のイベントは、非常にタイミングが良かったのです。

現在の公式LINEでは、このようにイベント予約・決済メニューを作りました。

友だち追加

現在運用中ですが、ユーザビリティが足りないと感じる部分が出てきました。

今回のイベントが終わり次第改善をする予定なので、次のイベントの際にはもっと使いやすくなっているでしょう。

私達の活動テーマ「WEB×スケートボード」においての『公式LINEの活用』の実践が出来る!

このように『もう一つの戦略』ともマッチ出来た訳です。

どのようなスケートパークなのか

では問題の、どのようなスケートパークなのか?という部分です。

実際に滑っている動画をどうぞ!

このように、若干狭いです。笑

まあしかし、そこは仕方ない・・・笑

この場所は子供達も多く、過去に初心者スケートスクールのイベントも打ちました。

その為、実際の所は子供向けスクールがメインになってくる部分もあると思います!

HVSB ONLINE SHOP
【8月限定】週末スケートスクール/パーク 2022年8月限定、埼玉県日高市のGrow株式会社の駐車場スペースで行われる「週末スケートスクール/パーク」特設ページです。週末スケートスクール日時8/7,8/14,8/2110:00~12:...

まとめ

今回の記事では、
8月週末限定!週末スケートパークをやってみよう!という事で、
・スケートパークを運営するようになった経緯
・今後の戦略
・どのようなスケートパークなのか
という事を執筆しました。

[パーク運営の経緯]
・大人の付き合いでスポンサーになり、日曜日にイベントを打っていいという事になった。

[今後の戦略]
・将来的なスケートパーク運営の「プレ」
・公式LINE活用の実践

[実際のパーク]
・スクールがメインになりそう

まとめると、このような内容になりました。

実際このスケートパークは、
・広さ
・アクセス
・路面環境
等で、沢山の集客が見込めるという訳では無いと思います。

しかし、経費がそこまでかからない為、非常にコスパが良いチャレンジと言えるでしょう。

この週末パークをやってみて、その結果がどうであれ非常に楽しみです。

9月頃にULTRA SPORTSのメディアで報告しますので、興味を持っていただけた方は、是非楽しみにお待ちください♪

ウルスポをフォローしよう

この記事をシェア

この記事を書いた人

HIGHVOLTAGE SKATEBOARDINGのアバター HIGHVOLTAGE SKATEBOARDING スケートボード×WEB/オンラインスケートスクール

【WEB×スケートボード】メンバー:ゆーた(代表、ライター、システム開発)
Matty(看板スケーター、クリエイター)、ナヲ(フィルマー、ライター)
WEBサイト「スケボー初心者必見!パークデビューのためのトレーニング法」を運営。公式LINEとWEBサイトを組み合わせた「オンラインスケートスクール」もリリース。埼玉県・群馬県の自治体や一般企業・スケートショップとタッグを組み、「初心者スケートスクール」や「トリックコンテスト」などのイベントも開催。スケートボード界のさらなる発展に貢献できるように、絶賛活動中!

コメント

コメントする

top
目次
閉じる