【フットゴルフ】世界No.1プレーヤー “ベン・クラーク”選手が日本にくる〜

サッカーのワールドカップに挑む日本代表メンバーの26名が、1日に発表されました。サッカーファンだけでなく、世界中のスポーツファンが注目するワールドカップの開幕まであと少し。皆さんも、初のベスト入りを目指す日本代表に大きな期待を寄せていることでしょう。

ワールドカップといえば、もちろんその競技の世界一を決めるビッグイベント。サッカーや五輪競技になっていないラグビーにおいては、オリンピック以上に注目を集める国際大会と言えます。

我々日本人は日本代表の活躍に目が行きがちですが、各国ともにスーパースターを擁しておりこちらにも目が離せません。特に、今回が最後のワールドカップ出場と言われているアルゼンチン代表のリオネル・メッシ選手とポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手は、今大会最大の注目プレーヤー。ワールドカップ無冠の2人が、最後に悲願を成し遂げるのか気になるところです。

「なんで、フットゴルフのネタのはずなのにサッカーの話なの?」

ここまで読んで、そう思われた方もいらっしゃるでしょう。

それは、サッカーに比べてまだまだ歴史が浅く注目度・認知度・普及度にも大きな差があるフットゴルフですが、この新スポーツにも、メッシ選手やロナウド選手のように、他のプレーヤーが目標とするような選手がいるから。そして、今回、その中の一人が日本にやってくるからです。皆さんに是非、注目していただきたい世界を代表するフットゴルファーが、4年ぶり3度目の来日を果たすことになったのです。

イギリスのベン・クラーク選手は、2010年代後半、つまりフットゴルフが日本を含め世界で急成長を遂げている最中、常にトップに君臨しているフットゴルフ界の“メッシ”であり“ロナウド”です。

フットゴルフを始めたのは2014年からですが、すぐに頭角を表すとトップ選手に成長。これまでにワールドツアーチャンピオン4回、欧州王者4回、メジャー大会優勝6回、UKツアーチャンピオン6回を誇ります。ワールドランキングでも2020-21シーズンに続き2022シーズンも首位。2022年11月2日現在、FIFG(世界フットゴルフ連盟)のワールドランキングには、2677選手が登録されていますが、その中のトップというわけです。

クラーク選手は、日本のフットゴルフとも縁があり、2017年に長野県軽井沢の軽井沢72南コースで行われた「FIFG World Tour Japan Footgolf International Open 2017」で初来日し優勝すると、翌2018年に岐阜県のフォーティーンヒルズカントリークラブが舞台となった「FIFG WORLD TOUR JAPAN FOOTGOLF INTERNATIONAL OPEN 2018 supported by Shields」にも勝って連覇を達成しました。

2017年の「FIFG World Tour Japan Footgolf International Open 2017」でのクラーク選手。

また、上記両大会当初が開催された2017年、2018年ごろは、当協会のオフィシャルサプライヤーである「SHIELDS」と契約し、同社ウェアを着用して世界中を転戦していたこともありました。

とにかくクラーク選手は、そのキック力はもちろんのこと、数十メートルの距離をピタリと寄せるアプローチ、ラインを完全に読み切り繊細なタッチで決めるパッティング、コースマネージメント、あらゆるプレッシャーに打ち勝つメンタルなど、すべてが世界基準。そんな世界No.1プレーヤーが、再び日本でその技を披露してくれることになったというわけです。

また、クラーク選手のような世界のトップが国内の選手とともにプレーすることは、日本のプレーヤーたちにとっても大きな刺激であり、学びとなるはずです。今年はようやく日米対抗戦などで海外選手とプレーができるようになりましたが、コロナ禍の約3年間は国際交流が皆無。特にワールドカップの日本代表やスキルアップを目指す選手は、“世界”との物差しを失っていました。

それが、世界No.1プレーヤーのクラーク選手が来日することで、各選手の世界における“現在地”を知ることができる。海外の選手となかなかプレーできなかった約3年間で、“世界との距離”は縮まったのか、それとも…。クラーク選手の国内大会参加は、単に「すごい選手が日本にやってくる」以上のものがあるはずです。

クラーク選手が出場するのは、群馬県の鳳凰ゴルフ倶楽部で開催される「フットゴルフジャパンツアー 2022-23 supported by SHIELDS」の第35回SHIELDS OPEN(11月26日開催)と太田カップ at 鳳凰ゴルフ倶楽部(11月27日開催)の2大会です。

両大会は11月4日から参加募集をスタート。どちらも2023年5月に米国フロリダ州で開催されるワールドカップの日本代表選考をかねたトーナメントとなっています。“日の丸”を目指す方も、まだフットゴルフを体験されていない方も、クラーク選手のプレーが気になる方もふるってご参加ください。

ウルスポをフォローしよう

この記事をシェア

この記事を書いた人

田村 一人のアバター 田村 一人 一般社団法人日本フットゴルフ協会理事

フットゴルフは、サッカー(フットボール)とゴルフが融合したスポーツで、2009年にオランダでルール化。サッカーボールの5号球を使い、ゴルフコースで9ホール、または18ホールをラウンドしてスコアを競います。国際フットゴルフ連盟(FIFG)が設立されて以降、欧米を中心に40カ国以上で楽しまれており、2012年が第1回大会となったW杯は、これまで3回開催されており2023年5月には米国での第4回大会開催が決定しています(第4回大会は当初、日本で2020年に開催予定でしたが新型コロナウイルス感染拡大の影響で2021年に延期となり、その後もコロナ禍となっていたため中止)。フットゴルフ先進国のアメリカでは、既に600コース以上でフットゴルフがプレーでき、イギリスでもその数は200を越えるなど、その認知度は急速に高まっています。当協会は2014年2月に創設され、国内唯一のFIFG加盟団体として、同連盟とともに世界的なフットゴルフの普及に取り組み、2028年ロス五輪での正式種目化に向け活動しています。

コメント

コメントする

top
目次
閉じる