【平川将城】「夢を目標に変える」ために必要なこととは?

「夢を目標に変える」

夢を持とう!

夢は持った方が良い!

昔から言われてきましたよね。

夢を持つことはとても大事です。

僕も小学校時代にプロサッカー選手になりたいと、 “ 夢 ” を抱き、じゃ、夢に少しでも近づくにはどうしたらいいか、こどもなりに考えていたのを今でも覚えてる。

ゴールキーパーであり、僕の憧れだった川口能活選手みたいになりたい!

そう決めたら引き寄せるもんだよね。中学生の時に当時、マリノスに所属していた能活さんとたまたま企画で対談させてもらえる機会を頂き、

「僕は能活さんの様になりたいから、清水商業高校(現桜ヶ丘)に行きます!」

と、能活さんと約束。もちろん、そこからサッカーをめっちゃ楽しんで、ありがたい事に清水商業にスポーツ推薦で入学。

色々な方々のアシストも頂き、自分が思い描いた夢に一歩一歩近づく事が出来たのは、やはり “ 夢 ” という名の目標があったから。自分が今何を取り組むべきかという事を具体的に考えられたから。

夢➡︎こうなりたい!
目標➡︎こうなりたい!だから今これが必要。

夢を目標に変えるだけで目的地までのルートが具体的+明確になっていきます。

今のままで良いのか?
何かを変える必要があるのか?

本気で何かを叶えたいなら自分のなりたい姿からの「逆算」が必要不可欠。

ウルスポをフォローしよう

この記事をシェア

この記事を書いた人

平川 正城のアバター 平川 正城 マサキスポーツアカデミー(株式会社MSAグローバルマネージメント代表)

平川正城(ひらかわまさき)神奈川県出身。
ユース年代は「清商」の愛称で親しまれたサッカー名門校、清水商業高校(現清水桜ヶ丘高校)から、湘南ベルマーレへ。湘南-草津-Y.S.C.C.-SC相模原とJリーグクラブを渡り歩き、地域リーグクラブを経て現役を引退。
スポーツを通して、日本の子どもたちと世界の架け橋になることを目的とした「MASAKI SPORTS ACADEMY(MSA)」を2013年に設立。

現在は海外仕込みのメソッドを日本人向けに改良した独自の「MSAメソッド」を確立し、日本全国のMSAにて子供達へ伝えている。

JFAこころのプロジェクト「夢先生」も務める。

コメント

コメントする

top
目次
閉じる