傾奇者が「バスケットボールクラブと教室」の指導と現状を描く〜その3

前回のおさらいはこちらから

傾奇者が「バスケットボールクラブと教室」の指導と現状を描く〜その2

目次

まさかの高校生との練習

持久走を終えると、バスケットボール本来の練習になるのだが

(バスケットボールの練習方法については後日、戦術や練習方法で書きます。多分、他のスポーツに携わっている方達も殆ど気付いていないと思うので。それと現代の子供達の身体の動き方、使い方については殆どのスポーツの指導者の方達が気付いてないので書こうか内緒にしとこうか考案中)

まずフットワークから始まり、その後ボールを使ったオーソドックスな練習になって行き、最後はミニゲーム的な流れである。

もう1つ高校生と顧問を圧倒した小学5年生

持久走ではなかなかの結果を出しているが、瞬発力になるとそれは比べものにならない。そして、この子は当時150cm前半の身長なので、身長・ウィングスパン・アーチ・ジャンプ力、全てにおいて劣っている。当たり前だが。ただ高校生を圧倒したのは、シュート力であった。私が子供達に教えていたのは男性のバスケットボールだったので、身長差20cmあるのにも関わらず、パワードリブルで圧倒し楽々シュートを決めたのと、この子の3Pはこの時点では届いてないが、ミドルシュートは私がディフェンスについても70%の確率で決めていたので、シュートフォームもお手本にする位、華麗で高校生を前にして、あざ笑うかのようにミドルを決めまくっていた。そして、この高校生達と中学生のブロック大会を観戦しに行くのだが、そこは、また次の話で。

ウルスポをフォローしよう

この記事をシェア

この記事を書いた人

バスケットボール他
回りから見てスポーツも含め礼節を重んじているらしい。

違う視点からスポーツも含め物事を見るのが得意。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 今、私はU15でバスケットボールをやってます。私は、背が低いのでどうやって私より背の高い相手にシュートを打てばいいですか?

  • まず、背が低いということを短所ではなく、長所だと思ってしまう事です😁
    背が低いのなら、尚更相手はフェイントに引っかかると思います。ファウルをもらえる大チャンスです!そこでシュートを決めればスリーポイントプレイです👍
    氣持ち的には、ゲーム開始時にマークが決まると思いますので背が自分より高い人が付くのはラッキーと思い込んでしまうことてす!
    私もPGで背の高い方ではありませんでしたが、自分にマークに付く奴や、自分より背の高いチーム奴はムカつくんで毎試合全員5ファウルで退場させてやろうと思っていました😉
    なのでバスカンのフリースローでトドメを刺すように、練習中から、色んなタイミングでフリースローを打ってました。
    時には目をつぶったりして☝️

コメントする

top
目次
閉じる