傾奇者が「バスケットボールクラブと教室」の指導と現状を描く〜その10

前回のおさらいはこちらから

傾奇者が「バスケットボールクラブと教室」の指導と現状を描く〜その9

中学を色々悩んだ末、私立ではなく、公立でブロックで都道府県大会に出られるかどうかの学校を親御さんと共に選んだ。そこにはバスケットボール漫画の金字塔「SLAM DUNK」の影響があったのかも知れない。

残念な事に、入学する前からコロナ禍にいたり、大会を観に行って優しくしてくれた先輩達とも、殆ど練習出来ず、その先輩達が引退して新チームになっても悩まされた事があった。

目次

同級生

私が、この地区の中学生のブロック大会を観て纏めた資料を持っていった。その子に頼まれたので公営の体育館での練習(ミニゲーム)も見たが全く私の中では話にならなかった。一個上の先輩が公営の体育館であるにも関わらず体育館の関係者に断りもなくスマホで写真を撮りまくり注意してもやめない。そして同級生達は私の気付かない所で資料をデジタル盗品していた。一言あれば写真を撮ろうが、コピーでもあげたのに。。。

この子を追い詰め退部させた事

この学校だけなのか私には解らないが、この学校はスマホや携帯を学校で禁止していた。

それなのに他の部活もそうだろうと容易に想像できるが、こともあろうに、教師が生徒の母親達とLINEをしていた。そして、その子の親御様は学校の規程通りに、そこには加わらなかった。結果、圧倒的なディフェンス力(背は低いが)と圧倒的なシュート能力があるにも関わらずプレイングタイムは微々たるものしか与えられなかった。勝負ではなく、保護者の顔色伺いをしたのだ。

結局、その子は部活を辞め、自分で体育館を取り、1人で練習している。この市区町村だけかも知れないし、この学校だけかも知れないが、現状である。

この国のスポーツの未来は暗いと思った。その子には、「マイケル・ジョーダンも高校3年からレギュラーになったんだということとデニス・ロッドマンも大学出たら空港で働こうと思っていたこと、ティム・ダンカンは大学からバスケを本格的に始めたと言うことを話した」もしバスケットボールの神様がいるのなら。。。

ウルスポをフォローしよう

この記事をシェア

この記事を書いた人

バスケットボール他
回りから見てスポーツも含め礼節を重んじているらしい。

違う視点からスポーツも含め物事を見るのが得意。

コメント

コメントする

top
目次
閉じる